「 東ヨーロッパの旅 」一覧

ルーマニア・ハンガリー・チェコを旅しました!(バイア・マーレ、シゲット・マルマツィエイ、サプンツァ、バルサナ、スチャヴァ、グラ・フモール、ブカレスト、ブダペスト、プラハなど)。ルーマニア・ハンガリー・チェコの町や村をぶらぶら歩き。民族色豊かな田舎風景。アジアや中東の影響を感じられる料理や音楽、衣装。ヨーロッパのエスニックサイド、ルーマニア・ハンガリー・チェコを歩きます!

【東ヨーロッパの旅 記事リスト】
ブダペスト街歩き
バイア・マーレの町
シゲット・マルマツィエイ
シゲットのカフェにて
ブルサナの村歩き
マラムレシュの木造教会
陽気な墓
ダンス・フェスティバル♪
ルーマニア鉄道の旅
ヴォロネツ修道院
スチャヴァの街
革命の町、ブカレスト
贅を尽くした国民の館
プラハ、マルタの歌
クラクフとアウシュビッツ

栄光と負の世界遺産「クラクフ歴史地区」と「アウシュヴィッツ」【ポーランド】

栄光と負の世界遺産「クラクフ歴史地区」と「アウシュヴィッツ」【ポーランド】

ポーランド南部。ここには栄光と負の世界遺産があります。14世紀のポーランド繁栄の象徴である「クラクフ歴史地区」と、ホロコーストの象徴ともなっている「アウシュヴィッツ強制収容所」です。ポーランドを訪れたら必見の世界遺産です。

プラハの春。歌に刻まれた歴史(マルタ・クビショヴァーの歌)【チェコ】

プラハの春。歌に刻まれた歴史(マルタ・クビショヴァーの歌)【チェコ】

ヴルタヴァ川(ドイツ語名モルダウ)を中心に広がる東欧有数の都会「プラハ」。120万の人口を誇るチェコの首都です。世界中から多くの観光客が訪れ、街は世界遺産にも登録されています。その「プラハ」には、今でも人々の心の中に生き続ける「歌」があります。

”贅を尽くした”「国民の館」とチャウシェスク時代のお話【ルーマニア】

”贅を尽くした”「国民の館」とチャウシェスク時代のお話【ルーマニア】

ルーマニアの首都「ブカレスト」の町。町の中心部にある「統一広場」から西を眺めると延々と広大な街路が続いているのが見えます。そして、その奥には、ばかでかい宮殿が聳え立っています。チャウシェスクの建設した巨大行政センター「カーサ・ポポールルイ」、「国民の館」と呼ばれている建物です。

「ヴォロネツ修道院」の壁一面に描かれた群青色のフレスコ画を見る【ルーマニア】

「ヴォロネツ修道院」の壁一面に描かれた群青色のフレスコ画を見る【ルーマニア】

ルーマニア北東部、ブコヴィナ地方。ここには「世界遺産」にも登録されているルーマニアの宝石、「五つの修道院」があります。修道院は、その外壁が一面のフレスコ画で覆われていて、そこには、迫り来るトルコへの恐怖と、神に救いを求める人々の思いが鮮やかに描かれているのだそうです。

世界一カラフルなお墓、サプンツァの「陽気な墓」【ルーマニア】

世界一カラフルなお墓、サプンツァの「陽気な墓」【ルーマニア】

ルーマニア北西部にある村「サプンツァ」。この村には「陽気な墓」という観光名所があります。木でできた墓標には、絵と文字が、青をベースとしたカラフルな色で描かれています。かわいらしい絵と文により、故人の生前の職業や人生が、「陽気に」描かれているのです。

モミの木造りのとんがり屋根、マラムレシュ地方の木造教会(世界遺産)【ルーマニア】

モミの木造りのとんがり屋根、マラムレシュ地方の木造教会(世界遺産)【ルーマニア】

マラムレシュ地方には、「世界遺産」に指定されている木造教会がいくつか存在しています。「ブルサナ」村にある教会もそのうちのひとつ。構成する素材の全てが「木」で造られ、礎石すらないそうです。屋根には、魚のうろこのような瓦がびっしりと敷き詰められ、内部の壁面は、イコンで埋め尽くされています。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)