「 客家土楼の旅 」一覧

中国福建省客家土楼を旅しました!(承啓楼、振成楼など)。客家土楼をぶらぶら歩き。エスニックな客家料理を味わい、エスニック風情満点の街並みを散歩、音楽や舞踊を鑑賞し、史跡や風景を楽しむ、客家土楼満喫の旅!

【客家土楼の旅 記事リスト】
土楼を建てた客家人
厦門からバイタクで永定へ
集慶楼と庚慶楼
振福楼
衍香楼
環極楼
振成楼
福裕楼
承啓楼
世澤楼と五雲楼
萬安楼・順源楼・僑福楼

川沿いに建つ、地域で一番リッチな土楼「福裕楼」(客家土楼)【中国福建省】

川沿いに建つ、地域で一番リッチな土楼「福裕楼」(客家土楼)【中国福建省】

川沿いに白壁の美しい豪邸があります。「福裕楼」です。1880年から建立を始め、10数万元の銀貨を費やし3年間で築き上げたそうです。福裕楼は、永定県では最もお金のかかった土楼といわれていて、振成楼の約3倍の費用がかかっているらしいです。

20世紀に建てられたモダンな土楼「振成楼」(客家土楼)【中国福建省】

20世紀に建てられたモダンな土楼「振成楼」(客家土楼)【中国福建省】

福建省永定県にある湖坑鎮洪抗村。この村には、客家土楼の代表作「振成楼」があります。そのため、客家土楼を見に来た旅行者の多くがこの村を訪れます。上の写真はその「振成楼」です。堂々たる外観です。「振成楼」は、通称「土楼王子」とも呼ばれているのだそうです。

広い中庭で子供たちが遊ぶ「環極楼」(客家土楼)【中国福建省】

広い中庭で子供たちが遊ぶ「環極楼」(客家土楼)【中国福建省】

南中村にある「環極楼(ホワンジイロウ)」。「環極楼」は、中心部に祖堂がないことが大きな特徴です。そのため、土楼の中央部は広い中庭となり、上階から見るたときに二重の輪が綺麗に見えます。中庭では真っ赤な服を着た子供たちがたくさん集まり、綾取りをして遊んでいました。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)