北インド料理【レシピ】一覧

北インド料理のレシピをご紹介。チキンマサラ、サグパニール、アルゴビなど。スパイスやハーブを使った北インド料理のレシピが盛りだくさん!

【レシピ】チャパティに合う!ほくほくじゃがいものスパイス炒め「アルーマサラ」

インド料理のおかずの代表の炒め物。北インドでは「サブジ」、南インドでは「ポリヤル」や「トーレン」と言われる、野菜や豆のスパイスを使った蒸し煮や炒め煮のことです。今回は、じゃがいも(アルー)を使ってスパイス炒めを作りました。

『AIR SPICE』の スパイスセットで作る「基本のチキンカレー」

「東京カリ~番長」や、「東京スパイス番長」のメンバーである水野仁輔さんが手がけている『AIR SPICE(エア スパイス)』の「基本のチキンカレー」でスパイスチキンカレーを作りました。必要なスパイスが必要な分量入っている便利なキットで、パッケージもオシャレなんです!

本格的なビリヤニを自宅で簡単に作れる!三条スパイス研究所の「ビリヤニキット」

最近、密かなブームとなりつつあるスパイスたっぷりのインドの炊き込みご飯「ビリヤニ」。レシピが複雑で手間がかかることで有名な「ビリヤニ」を、自宅で気軽に作れるようにしたのが、三条スパイス研究所が製造販売している「ビリヤニキット」。今回、この「ビリヤニキット」を作ってみましたので、ご紹介いたします★

【レシピ】インドの国民的カレー「ダールタルカ(豆カレー)」

「ダールタルカ」とは、ムングダール(緑豆のひき割り)のカレーで、インドの国民的カレーです。ターリーやミールスを食べに行くと、必ずダールカレーがついてきます。 辛さはなく、マイルドでやさしい味わいなので、 辛いカレーと一緒に食べると落ち着きます。

【レシピ】シャンカール・ノグチさんの「4スパイスで作るチキンキーマカレー」

9月に開催された『東京スパイス番町シャンカール・ノグチさんに学ぶ「オリジナルカレースパイス作り講座」』で調合したスパイスを使って、シャンカール・ノグチさんのレシピ「4スパイスで作るチキンキーマカレー」を作ってみました!あらかじめ調合してあるスパイスを使ったので、いつもより手早くできましたー。

試食もお持ち帰りもありました!シャンカール・ノグチさんの「オリジナルカレースパイス作り講座」

9月16日(水)、日本エスニック協会主催の『東京スパイス番町シャンカール・ノグチさんに学ぶ「オリジナルカレースパイス作り講座」』に参加してきました!スパイスを知り尽くしたシャンカール・ノグチさんから直接教えていただけるスパイス講座、とても貴重な機会で、楽しむことができました。

【レシピ】インドの定番メニュー「アルゴビ」(じゃがいもとカリフラワーのカレー)

アルゴビの「アル」はじゃがいも、「ゴビ」はカリフラワーのことで、インドでは、どのレストランにもあるような定番のカレーです。カレーといっても汁気のない炒め物のようなものです。スパイスが効いていて、爽やかなお味。とっても美味しくできましたよ♪

【レシピ】スパイスを使って作る、北インドの代表的なカレー「チキンマサラ」

チキンマサラは、北インドの代表的なカレーで、バターなどの乳製品と鶏肉を使った動物性のコクのある味わいが特徴です。トロみがあってほどよくスパイシーなので、ナンやチャパティなどととても合います。今回は、チャパティを焼きました! チキンマサラとの相性はバツグンで、とっても美味しかったです♪

【レシピ】サグパニール(ほうれん草とチーズのカレー)とマンゴーラッシー作りました!

前回、パニールのレシピ記事を紹介しましたが、そのパニールを使ってサグパニール(ほうれん草とチーズにカレー)を作りました!パニールはコクがあって、ちょっとコッテリ感もあるので、全粒粉で作った素朴なチャパティがとても合いました。

【レシピ】インドのチーズ「パニール」をミルクとお酢と生クリームで作りました!

混ぜて混ぜて、パニール出来ました!パニールとは、インド、パキスタン、アフガニスタン、イランなどの地域で一般的に使われるチーズのこと。今回、サグパニールカレーを作ることにしました。パニールは、数時間寝かせる必要があるので、まずはパニールから。なかなか固まらなくて、一苦労しました(汗)

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)