神保町に登場したデリー系のサラサラ極辛カレー『ビストロべっぴん舍』@神保町

神保町、ビストロべっぴん舎

JR中央線御茶ノ水駅から徒歩3分、地下鉄神保町駅から徒歩5分。駿河台交差点の角、三省堂書店の向かいの一画にある建物の2階に、カレー&ワインのお店『ビストロべっぴん舍』はあります。

オープンは2016年8月。カレーの町として有名な神保町界隈ですが、これまで、上野の『デリー 』のようなサラサラスパイシーなカレーを出すお店はありませんでした。

この『ビストロべっぴん舍』は、『デリー』の流れを組む、サラサラスパイシーなカレーを提供するお店。

期待に胸を膨らませ、お店へと向かいます!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

スパイスの香りとワインの芳香。上野デリーを進化させた4種のカレー

神保町、ビストロべっぴん舎お店は階段を上がった2階

神保町、ビストロべっぴん舎カリー&ワイン『ビストロべっぴん舍』

神保町、ビストロべっぴん舎神田カレーマイスター賞受賞

神保町、ビストロべっぴん舎『ビストロべっぴん舍』の入り口

お店は階段を上った建物の2階にありますが、ちょっとわかりづらいです。

1階の物件はシャッターが常に降りた状態なので、最初訪問した時はお店が休みなのかなと思ってしまいました。

細い階段を上ると、右手にお店の入り口があります。

神保町、ビストロべっぴん舎『ビストロべっぴん舍』のカウンター

店舗はバーのような雰囲気で、座席はカウンターとテーブルで合計15席。

今回、ワインは注文しませんでしたが、カレーと共にワインもお店の売りのようです。

訪問したのは平日のディナータイムでしたが、お客は仕事帰りのサラリーマンを中心に8割方の入り。

神保町らしい、仕事や学校帰りに気軽に入りやすいお店です。

神保町、ビストロべっぴん舎『ビストロべっぴん舍』のメニュー

カウンターの上に立て掛けられていた『ビストロべっぴん舍』のメニューです。

メインのカレーは4つ。

  • 赤のべっぴん薬膳カリー(カルダモンとジンジャー、たっぷり玉ネギのスパイシーカリー。チキンと季節野菜入り)辛さ1〜6 880円
  • 黒のべっぴんカシミールカリー(複雑なスパイスの香りと熟成した旨味。極辛カリーです。チキンと季節野菜入り)辛さ4〜6 880円
  • コリアンダー香る濃厚エビカリー(コリアンダー(パクチー)好きにはたまらない。丸ごと食べられるエビ入り)辛さ1〜6 980円
  • 牛スジカシミールカリー(赤ワインで柔らかくなるまでコトコト煮込んだ牛スジ入りカシミール)辛さ1〜6 980円

すべて大盛り無料。デミタスコーヒー付きです。

デミタスコーヒー付きというところが、「おやっ?」と思いましたが、何でもこのお店、上野『デリー』の流れを組む、柏の『カレーの店 ボンベイ』の西口店の元店長が開いたお店なのだとのこと(柏のボンベイも食後にデミタスコーヒーが付くことで知られています)

『デリー』直系の「カシミールカリー」にかなり惹かれましたが、今回はメニューの一番上に載っているこのお店の一番のメインカレーと思しき「赤のべっぴん薬膳カリー」をチョイスすることにしました(辛さは3で)。

神保町、ビストロべっぴん舎「赤のべっぴん薬膳カリー」880円

しばらくすると運ばれてきました〜!

「赤のべっぴん薬膳カリー」です。

カレーは、上野の『デリー』や柏の『ボンベイ』のような銀の器ではなく、白い器に入って出てきました。

神保町、ビストロべっぴん舎サラサラスパイシー、真っ赤なカリー

この「赤のべっぴん薬膳カリー」の見た目、同じくデリー系の高田馬場にある『横浜ボンベイ』の「薬膳ボンベイカレー」にそっくり。

サラサラスパイシーで真っ赤なカリーです。

神保町、ビストロべっぴん舎付け合わせの玉ねぎとマッシュポテト

付け合わせには、玉ねぎの酢漬けとマッシュポテトが付きます。

さて、いただきましょう〜♪

神保町、ビストロべっぴん舎ご飯にカレーをかけたところ

まずは、ルウをそのまま味わってみます。

20種以上の秘伝スパイスから作られたという真っ赤なルウ。カルダモン、ブラックペッパーを始めとしたスパイスの香りが華やかです。

そして、爽やかな生姜の風味とトマトの酸味、玉ねぎの甘みが合わさって、かなりの美味しさ!

ただし、「辛さ3」でも結構辛いです(汗)

そして、真っ赤なルウをご飯にかけて、中に入っているチキン、トマトやオクラなどのお野菜と一緒にいただきます♪

うん、美味しい!

話によると、このカレーのお野菜はワインで煮込まれているのだとのこと。

何でも、このお店の店主はワインビストロで働いた経歴もあり、その時の知識がカレーにも活かされているのだとか。

手羽元を使ったチキンも柔らかく、カレーとご飯のマッチングも最高!

ほんと、美味しい!満足のお味でした。

神保町、ビストロべっぴん舎「コリアンダー香る濃厚エビカリー」980円

こちらは、「コリアンダー香る濃厚エビカリー」

別の日に再訪した時、注文しました♪

神保町、ビストロべっぴん舎コリアンダーの爽やかな香り満点!

テーブルに運ばれてきた時、コリアンダーの香りが漂ってきました。

う〜ん、爽やか!

さあて、いただきましょうか〜♪

神保町、ビストロべっぴん舎リッチな大き目のエビがごろり

ルウをお口に含むと、エビの風味が感じられる濃厚なお味。けれども、コリアンダーの爽やかさやトマトの酸味がさっぱりとした口当たりを感じさせます。

そして、ルウの中にはリッチな大き目のエビがごろり♪

エビの香ばしさと香辛料のスパイシーさがご飯とマッチして美味しい!

辛さは3にしましたが、結構辛かったです。

神保町、ビストロべっぴん舎食後のデミタスコーヒーがうまい!

こちらは、食後のデミタスコーヒー。

柏の『ボンベイ』や高田馬場の『横浜ボンベイ』の流れを受け継ぐ、本格的なエスプレッソコーヒーです♪

濃厚なエスプレッソの苦みとチョコレートの甘さが、激辛カレーの食後のお口直しとしてぴったり!

大満足です。ご馳走様!

神保町に登場したデリー系のサラサラ激辛カレー『ビストロべっぴん舍』

2種のカレーをいただきましたが、デリー伝統の「黒のべっぴんカシミールカリー」や、赤ワインで牛スジを煮込んだという「牛スジカシミールカリー」も、ぜひ食べてみたいところ。

そして、他にも限定カレーや裏メニューがあるという噂も!

「イベリコ豚のスペアリブカリー」ですって!

いただいてみたいですね〜。

神保町のカレー屋の中では、個人的に『エチオピア』がお気に入りでしたが、新たなお気に入り登場って感じ。

これから通ってしまいそうな予感です。


◉ ビストロべっぴん舍

  • 住所:東京都千代田区神田小川町3-10-1 駿台ビル 2F
  • アクセス:神保町駅 徒歩3分
  • 営業時間:ランチ 11:00〜15:00 (L.O 14:30) ディナー 18:00〜22:00 (お食事L.O 21:00 ドリンクL.O21:30)
  • 定休日:年末年始
  • 電話:080-7896-5596

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク