モミの木造りのとんがり屋根、マラムレシュ地方の木造教会(世界遺産)【ルーマニア】

※前回の記事→グリム童話に出てきそうな村、「ブルサナ」の村歩き【ルーマニア】

バルサナ村の村【ルーマニア】

天を突く、とんがり屋根の木造教会。

直線的なフォルムを持ちながらも、柔らかで温かい印象のその外観。

マラムレシュ地方独特の木造教会は、素朴で飄々とした、まるで、童話「ムーミン」に出てくる「スナフキン」のような建物でした。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

マラムレシュ地方の木造教会【世界遺産】

マラムレシュ地方には、「世界遺産」に指定されている木造教会がいくつか存在しています。

この「ブルサナ」(Barsana)村にある教会(1720年の建造)もそのうちのひとつ。

この教会は、構成する素材の全てが「木」で造られ、礎石すらないそうです。

屋根には、魚のうろこのような瓦がびっしりと敷き詰められ、内部の壁面は、聖書の物語をモチーフにしたイコンで埋め尽くされています。

バルサナ村の木造教会 【ルーマニア】ブルサナの女子修道院

ブルサナの村の外れには、女子修道院がありました。

この修道院には、様々な形をした木造建築物が建てられています。

建物は全て最近建てられたものですが、伝統的なマラムレシュの建築様式を踏襲しています。

バルサナ村の村【ルーマニア】とんがり屋根の教会

バルサナ村の村【ルーマニア】モミの木の屋根が特徴あります。

敷地内はとても綺麗に整備されており、黒い衣装を着た修道女が、黙々と庭の手入れをしていました。

ブルサナは、この新しい木造建築群ができたおかげで、マラムレシュ地方の中でも、最も有名な村のひとつとなっているようです。

けれども、この時、修道院にいた観光客は、私ひとり。ブルサナの村を歩いている時も、観光客らしい人には誰一人として出会いませんでした。

バルサナ村の木造教会 【ルーマニア】修道院の建物群は、丘の上に建てられています。

バルサナ村の村【ルーマニア】修道院近くを通りかかった馬車

マラムレシュ地方には、42の木造教会があり、その3分の1が200年以上前のものだそうです。

世界遺産に登録されているのは、「ブルサナ(Barsana)」村の教会、「シュルデシティ(Surdesti)」村の教会、「イェウッド(Ieud)」村の教会、「ポイエニレ・イゼイ(Poienile Izei)」村の教会、「ブデシティ(Budesti)」村の教会、「デセシティ(Desesti)」村の教会、「プロピシュ(Plopis)」村の教会、「ロゴス(Rogoz)」村の教会の8ヶ所です。

マラムレシュ地方のモミの木の門

マラムレシュ地方の家は、「門」が特徴的です。

それぞれの家が、それぞれの形と模様を持つ門をこしらえています。

バルサナ村の村【ルーマニア】ブルサナ村の家の門

門は、真ん中の大きな入り口が馬車や荷車用、脇の小さな入り口が人間用です。

マラムレシュには、木彫りの職人が多く住んでいて、その技術は世界的にも高く評価されているようです。

バルサナ村の村【ルーマニア】凝った装飾が施された立派な門

バルサナ村の村【ルーマニア】家ごとに違う門の形。それぞれの家の格式を表しています。

バルサナ村の村【ルーマニア】どこの家にも木造の門があります。

門は、樫や樅の木でできており、マラムレシュ地方の人々の生活用品も、木で造られたものが多いそうです。

木と共に生きる。

マラムレシュ地方の文化は、そんな文化です。

※次の記事→世界一カラフルなお墓、サプンツァの「陽気な墓」【ルーマニア】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク