ビガンからバギオを経由してバナウェへバスの旅(Vigan〜Baguio〜Banaue)【フィリピン】

※前回の記事→スペイン情緒溢れるロマンチックな町「ビガン」(Vigan)【フィリピン】

この日は、「ビガン」からバスに乗って「バギオ」へ。そこでバスを乗り継いで「バナウェ」まで行く予定です。

「バギオ」まで約5時間、「バギオ」から「バナウェ」までは8時間かかるとのこと。

かなりの長旅です❗️

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

バスを乗り継いで丸一日!「ビガン」歴史都市から棚田の広がる「バナウェ」へ。途中「バギオ」の町に立ち寄りました。

フィリピン、ビガン。フィリピン、ビガンのトライシクルバスターミナルまで「トライシクル」で

フィリピン、ビガン。フィリピン、ビガンのジプニーこちらは「ジプニー」

朝、宿でトライシクルを頼んで「ビガン」のバスターミナルへ。

5分ほどで着きました。料金は20ペソ(40円)。

フィリピン、ビガン。ビガンのバスターミナル、バギオへ。

フィリピン、ビガン。バギオへ向かうバス

写真は、ビガンのバスターミナルと、バギオ行きのバス。

パルタス社のバスです。パルタス社はルソン島北部を中心に運行しているバス会社です。

フィリピンにはいくつものバス会社があります。長距離を走るエクスプレスバスはエアコンが付いていて、座席も指定されており快適。

日本のバスと遜色ない乗り心地です。

バギオ行きのバスは9時半に出発しました🚌

料金は325ペソ(650円)。

バスは途中、様々な町を通り、5時間かけてバギオへと向かいます。

途中、休憩は1回。バギオに着いたのは14時半頃でした。

バギオは、標高1500mの高地にある町。

暑いビガンに比べ、いくぶん涼しさを感じます。

フィリピン、バギオ。バギオ市内バギオの街

フィリピン、バギオ。バギオでランチバギオでランチ

フィリピン、バギオ。バギオでランチランチはバンシットという焼きそばとバーベキュー

バギオに着くと、まず、バスターミナル近くのファーストフード店でランチをとりました。

「バンシット」という中華風やきそばと、「バーベキュー」(焼き鳥)です。

炭酸飲料(マウンテンデュー)と合わせて、143ペソ(286円)。

日本人の口に合う、食べやすい味。

美味しかったです❗️

食べ終わると、さっそくバナウェ行きのバス乗り場を探します。

情報によると、バナウェまではKMSというバス会社が運行しているそうで、乗り場は「バーンハム公園」の近くにあるとのこと。

「バーンハム公園」へと向かいます。

フィリピン、バギオ。バギオのバーンハム公園の午後 【フィリピン】

「バーンハム公園」です。

休日であったこの日、園内は家族連れやカップルで賑わっておりました🌟

街の人たちに聞きながらKMSの乗り場に探します。

乗り場は公園の目と鼻の先にありました❗️

ここでバナウェ行きのチケットを購入。出発は21時半、料金は480ペソ(960円)です。

バナウェまでは所要8時間、夜行バスの旅です。

バスの出発まで時間があったので、バギオの街を散策することにします。

フィリピン、バギオ。バギオのバーンハム公園の午後 【フィリピン】バーンハム公園

フィリピン、バギオ。バギオのバーンハム公園の午後 【フィリピン】バーンハム公園

フィリピン、バギオ。バギオのバーンハム公園の午後 【フィリピン】人々で賑わうバーンハム公園

フィリピン、バギオ。バギオのバーンハム公園の午後 【フィリピン】バーンハム公園

「バギオ」は、マニラからバスで約6時間のところにある北ルソンの中心都市。人口は約30万人。

標高1500mの山あいに位置し、年間の平均気温が20℃と過ごしやすい気候です。

毎年3月から5月の間、マニラの政府機関も低地の暑さを避けてバギオに移転してきます。そのため、バギオは、別名「サマー・キャピタル」とも呼ばれています。

この町の開発が始まったのは19世紀のこと。当時、支配していたアメリカが避暑地としてこのバギオを開発しました。その際の道路建設などで、日本人移民労働者が活躍したそうです。

現在では、フィリピンの人気観光地として、また、5つの大学を抱える教育都市として、発展しています。

バギオは、町の中心に「バーンハム公園」があって、その北東に繁華街の「セッション通り」やシティ・マーケットのあるマグサイサイ通りがあります。

ランドマークは、丘の上にある「バギオ大聖堂」と巨大モールの「SMバギオ」。

町は高地にあるため、かなりの高低差があります。

フィリピン、バギオ。バギオのバーンハム公園の午後 【フィリピン】バーンハム公園に浮かぶボート

フィリピン、バギオ。バギオのパノラマ

バーンハム公園からセッション通りの坂を登り、丘の上の「SMバギオ」に行ってみました。

「SMバギオ」からは、バギオの町が一望できます👀

フィリピン、バギオ。バギオのモール、SMバギオSMバギオから街を眺める人たち

フィリピン、バギオ。バギオのパノラマ遠くにバギオ大聖堂が見えます。

フィリピン、バギオ。バギオのモール、SMバギオSMバギオの内部

フィリピン、バギオ。バギオのモール、SMバギオ綿あめ屋さん

フィリピン、バギオ。バギオのモール、SMバギオ香水かなんかでしょうか?

フィリピン、バギオ。バギオのモール、SMバギオ

「SMバギオ」は、日本のイオンモールに似た感じの、何でもあるショッピングモールです。

広大な店内は、地元の人とフィリピン人観光客で賑わっていました。

内部にはこんなメリーゴーランドもあります。

フィリピン、バギオ。バギオのモール、SMバギオ宝くじとかLOTOとか、そういうお店

フィリピン、バギオ。バギオのモール、SMバギオ大盛況の宝くじ屋さん

フィリピン、バギオ。バギオのモール、SMバギオスーパーマーケットの食材

フィリピン、バギオ。バギオのモール、SMバギオ店内はとても綺麗です。

フィリピン、バギオ。バギオのモール、SMバギオチキンの種類が豊富!

フィリピン、バギオ。バギオのモール、SMバギオ日本のお菓子や即席麺がたくさんあります。

フィリピン、バギオ。バギオのモール、SMバギオ

夜の「SMバギオ」。タクシーが引っ切り無しにやってきて、人々を降ろし、乗せていきます。

フィリピン、バギオ。バギオのモール、SMバギオ夕食は、フードコートのコリアンレストランで

フィリピン、バギオ。バギオのモール、SMバギオ石焼ビビンパを食べました!

夕食は、「SMバギオ」のフードコート内にあるコリアン食堂で食べました。

石焼ビビンパとコーラで120ペソ(240円)。ここではWifiが使えました❗️

食後、タクシーでバーンハム公園に戻ります(タクシー、55ペソ:110円)。

バスの出発はもうすぐです。

フィリピン、バギオ。バギオからバナウェへ

夜9時半、バスはバギオのKMS乗り場を出発しました🚌

バスはそこそこの客入り。

出発すると、バスはすぐに山道に入ります。

つづら折りが延々と続き、眠っている間に体が右へ左へと揺れます💦

道中、休憩が何回かありました。

寝ぼけ眼のままトイレに行くと、夜空には満天の星空✨

走っているうち、いつの間にか雨が降っています。

途中、所々で乗客は降りていきます。

フィリピン、バナウェ。バナウェホテル外観バナウェ・ホテル

翌早朝、バスは「バナウェ」の町に到着しました。

すでに車内はガラガラ。

宿泊先は、バナウェで一番大きなホテル「バナウェ・ホテル」です(2300ペソ:4600円)。

フィリピン、バナウェ。バナウェホテルの部屋ホテルの部屋

フィリピン、バナウェ。バナウェホテルの朝食ホテルのブレックファスト

部屋の掃除を行うとのことで、チェックインまで1時間待ってほしいと言われたので、ホテルのレストランで朝食をいただきました(250ペソ:500円)。

1時間後にチェックイン、部屋でシャワーを浴びます。

しんどい夜行バスの旅、熱いシャワーが気持ち良いです❗️

「バナウェ」は、世界遺産にも登録されている棚田が有名なところ。

2日かけて棚田を見て回り、明日の夜のバスでマニラへと戻る予定です。

結構ハードスケジュールです(汗)

※次の記事→山いち面に広がる「バナウェ」のライステラス(Banaue)、バタッド村の棚田(世界遺産)【フィリピン】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク