地平線の果てまでパゴダが並ぶ!雄大なバガン遺跡の夕日【ミャンマー】

※前回の記事→ニャウンウーのシュエズィーゴン・パゴダ【ミャンマー】

夕方、ニャウンウーの町で馬車をチャーター(7000K:700円)。

バガン遺跡の夕陽を見に、サンセット・ポイントである「シュエサンドー・パヤー」に向かいます。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

夕方、馬車でシュエサンドー・パヤーに向かい、夕陽が沈むのを見ました。

バガン巡りに馬車をチャーター【ミャンマー(バガン)】

馬車と馬車引きのおじさん。

結局、このおじさんの馬車をこの日と、翌日の1日まるまる、チャーターすることになりました。

パカパカパカパカ、馬車が走ります。

ニャウンウーの町からシュエサンドー・パヤーまでは約6Km。

の〜んびりと馬車は目的地へと進んでいきました。

サンセット・ポイントであるシュエサンドー・パヤー 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

シュエサンドー・パヤーに到着!

陽はだいぶ傾いてきました。

このシュエサンドー・パヤーは、1057年に建立された仏塔。バガン王朝の創始者アノーヤター王が建てた仏塔で、内部には釈迦の聖髪が納められているそうです。「サンドー」とは、ビルマ語で”聖髪”の意味。

シュエサンドー・パヤーの寝釈迦 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

仏塔の南側には、レンガ造りの建物があり、その内部にの狭〜い空間に全長18mの寝釈迦がいました。

かなりの窮屈具合です。

シュエサンドー・パヤーに居たパダウン族の女性 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

仏塔の前の広場には、インレー湖周辺に住む首長族「パダウン族」の女性たちがいて、観光客向けの商売をしていました。

ミャンマー人の観光客と一緒に記念撮影をするパダウン族。もちろん、写真を撮ったらお金を払う必要があります。

シュエサンドー・パヤーに居たパダウン族の女性 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

シュエサンドー・パヤーに居たパダウン族の土産物 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

機織をするパダウン族の女性。パダウン族手製のシルバーアクセサリーも売っていました。

雄大なバガン遺跡のパノラマ(シュエサンドー・パヤーにて) 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

シュエサンドー・パヤーの仏塔に登ります。

この仏塔の上に登ると、バガン遺跡の全景を一望できるため、絶好のサンセット・ポイントとして知られています。

雄大なバガン遺跡のパノラマ(シュエサンドー・パヤーにて) 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

雄大なバガン遺跡のパノラマ(シュエサンドー・パヤーにて) 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

ツアーの観光バスが横付けされ、馬車やタクシーも並び、たくさんの観光客が仏塔の上に登ってきていました。

みなさん、夕陽を見るためにやってきたのです。

雄大なバガン遺跡の夕景(シュエサンドー・パヤーにて) 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

シュエサンドー・パヤーの上からのバガンの風景です。

背の低い木々がまばらに生えた広大な平原に、無数の赤茶けた仏塔が点在しています。

地平線の彼方まで続く仏塔。

夕陽の光は仏塔をまぶしく照らし出し、長い影を引かせます。

雄大なバガンの風景。素晴らしい光景です。

雄大なバガン遺跡の夕景(シュエサンドー・パヤーにて) 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

雄大なバガン遺跡の夕景(シュエサンドー・パヤーにて) 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

陽は急速に地平線へと落ちていき、

雄大なバガン遺跡の夕景(シュエサンドー・パヤーにて) 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

雄大なバガン遺跡の夕景(シュエサンドー・パヤーにて) 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

辺りの風景は、刻々とその色合いを濃くしていきます。

雄大なバガン遺跡の夕景(シュエサンドー・パヤーにて) 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

そして、日没!

黄色い太陽が平原のかなたに沈んでいきます。

なかば闇となった平原、日没の陽の光に浮かび上がる無数の仏塔のシルエット。

雄大なバガン遺跡の夕景(シュエサンドー・パヤーにて) 【バガン遺跡】【ミャンマー(バガン)】

ああ、バガンの一日が終わりました〜!

満足したみなさん、真っ暗になりかけの仏塔の階段を恐る恐る降りていきます。

そして、ふもとに着くやいなや、乗ってきたバスやタクシー、馬車に乗り込み、宿泊している宿へと一路向かうのです。

バガンの夕陽、噂に違わぬ素晴らしさでした!

※次の記事→馬車で巡るバガン遺跡(日の出〜午前中)【ミャンマー】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク