スタンダードなミールスが本当に美味しい!『アリヤ・ニヴァス・ホテル』@トリヴァンドラム

Ariya Nivas Hotel(ランチ)トリヴァンドラム(南インド・ケララ州13)

南インド、ケララ州の州都「トリヴァンドラム(ティルヴァナンタプラム)」

街の中心部、トリヴァンドラム駅前のロータリーから「マノラマ・ロード(Manorama Rd)」を100mほど北へ進んだ右手に『アリヤ・ニヴァス・ホテル(Ariya Nivas Hotel)』はあります。

駅近という好立地と機能的な設備、十分なサービスが魅力の三つ星ホテル「アリヤ・ニヴァス・ホテル」ですが、併設されたレストランも美味しいと評判です★

このお店、マガジンハウスが出版している情報誌「ブルータス(BRUTUS)」の2000年6月15日号の特集「カレー侍、インド武者修行の旅」に掲載されていたお店で、かの東銀座の人気カレー屋さん『ナイルレストラン』の二代目オーナーであるG.M.ナイルさんがこのお店を訪れていました。

地元のお客さんで常に大盛況のベジタリアン・レストランです★

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

バナナの葉っぱの上に載せられたスタンダードな「ミールス」が美味しい!

Ariya Nivas Hotel(ランチ)トリヴァンドラム(南インド・ケララ州13)『アリヤ・ニヴァス・ホテル』の入り口

『アリヤ・ニヴァス・ホテル』の入り口です。

お昼時に訪れましたが、続々とお客さんが来訪する人気ぶり!

客層も、車で乗り付けてくるご夫婦、仕事の途中に立ち寄ったらしい白シャツ姿の男性たち、子供の手を引いた家族連れなど様々。

地元トリヴァンドラムの方々の普段使いの、行きつけのお店であることが窺えます。

実は、このお店、「ブルータス(BRUTUS)」2000年6月15日号の紹介によると、『ナイルレストラン』のインド人スタッフ、ラジャンさんのお気に入りのお店なのだとか。

Ariya Nivas Hotel(ランチ)トリヴァンドラム(南インド・ケララ州13)『アリヤ・ニヴァス・ホテル』の店内

『アリヤ・ニヴァス・ホテル』の店内です。

ホテル併設のレストランらしい、白い壁と木のブラウンを基調としたシンプルなインテリア。

スタッフのサービスも良く、愛想も良く、親切です。

店内は大盛況で、ほぼ満席。入り口で待っている人も多数。

けれども、お客の回転は速いようで、すぐに席は空きます。

さて、注文ですが、ここはもう「ミールス」一択でしょう〜★

店内に入った時、グリーンの鮮やかなバナナリーフに載った「ミールス」を見て、「おおーっ!」と大興奮していたのです!

店内では、ほぼ全てのお客さんが「ミールス」を食べていました。

スタッフに、隣の人のバナナリーフを指差して、「ミールス・プリーズ!」とオーダー♪

Ariya Nivas Hotel(ランチ)トリヴァンドラム(南インド・ケララ州13)バナナの葉っぱの上に載せられた「ミールス」(110ルピー:198円)

注文してすぐに、テーブルの上にバナナの葉っぱが敷かれました〜★

う〜ん、ワクワク感が止まらない!

そして、トーレンにアヴィヤル、カーラン、ケララ米、ダール、パパダムと次々とバナナリーフの上に載せられ、サンバル、ラッサム、パチャディ、アチャール、カード、デザートと銀の器に入ったおかずやデザートなどが用意されていきます。

Ariya Nivas Hotel(ランチ)トリヴァンドラム(南インド・ケララ州13)ダールがかかったケララ米にパパダムがどどーんと!

Ariya Nivas Hotel(ランチ)トリヴァンドラム(南インド・ケララ州13)フォトジェニックなバナナリーフの「ミールス」

さてさて、全てのお料理が出揃いました★

さあ、いただきましょう〜!!

Ariya Nivas Hotel(ランチ)トリヴァンドラム(南インド・ケララ州13)サンバル、ラッサム、アヴィヤルにカーラン

Ariya Nivas Hotel(ランチ)トリヴァンドラム(南インド・ケララ州13)トーレン、パチャディ、左上のはデザート

まずは、それぞれのおかずをひと口ずつ食べて、そのお味を確かめてみます。

う〜ん、美味しい★

サンバルもラッサムも、トーレンもアヴィヤルも、どれもこれもが美味しい♪

カレーリーフが香り、マスタードシードやチリがピリリと効いて、タマリンドの酸味とココナッツのマイルドさが感じられる、よく知っている南インド料理のお味。

高級レストランのお料理のような特別な工夫が施されているわけではなく、どのお料理もスタンダードな感じなのですが、それがまた美味しい!

毎日のようにいただく、いつものお食事。それが南インド定食「ミールス」なんです。

Ariya Nivas Hotel(ランチ)トリヴァンドラム(南インド・ケララ州13)全てのお料理がお代わり自由!

そして、また嬉しいのが、全てのお料理がお代わり自由であること。

お料理の入った容器を持ったスタッフがテーブルの間をうろつき回り、欲しいおかずを言おうものなら、すぐにどっちゃりと継ぎ足してくれます★

サンバル、ラッサム、ライス、トーレンと頼んで、もりもりといただきました〜!

Ariya Nivas Hotel(ランチ)トリヴァンドラム(南インド・ケララ州13)最後は混ぜ混ぜしてブレンド満喫!

そして、最後は「ミールス」と言えばこれ!

全部のおかずをライスの上にかけて、混ぜ混ぜしていただきます。

スパイシーな辛さとスキッとした酸味、ココナッツやヨーグルトのまろやかさ、パパダムの食感、豆やマスタードシードの食感、カレーリーフの香り。

いろんなのがブレンドされて、ほんと味わい深いです★

大満足!あっという間に平らげてしまいました〜!

Ariya Nivas Hotel(ランチ)トリヴァンドラム(南インド・ケララ州13)バナナの葉を畳んでご馳走様の合図

お腹いっぱいになったので、バナナの葉を畳んでご馳走様の合図。

ほんと、美味しかった〜!

ご馳走様です★

Ariya Nivas Hotel(ランチ)トリヴァンドラム(南インド・ケララ州13)『アリヤ・ニヴァス・ホテル』の外観

ケララ州の州都「トリヴァンドラム」の駅近にある南インド料理レストラン(ベジタリアン・レストラン)『アリヤ・ニヴァス・ホテル(Ariya Nivas Hotel)』

バナナの葉っぱに載ったスタンダードな「ミールス」が本当に美味しい!

地元のお客さんで常に大盛況の間違いのない美味しさのお店です。


◉ Ariya Nivas Hotel

  • 住所:Manorama Rd, Thampanoor, Thiruvananthapuram, Kerala 695001
  • 電話:+91 471 233 0789

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)

フォローする

スポンサーリンク