アンコール・ワットに描かれたレリーフとデバター像【カンボジア】

※前回の記事→池に映ったシルエットが綺麗!アンコール・ワットの日の出【カンボジア】

世界三大仏教遺跡のひとつ「アンコール・ワット

密林の中にあるこの遺跡を見るため、カンボジアへと旅しました。

アンコール遺跡群とシェムリアップの町、首都プノンペンなどをご紹介します。

今回は、アンコール・ワットのレリーフです!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

アンコール・ワットには、たくさんの彫像が彫られています。


アンコール・ワットアンコール・ワット

アンコール・ワットの内部を見て回ります。

12世紀、アンコール王朝のスーリヤヴァルマン2世によって建設されたと言われる「アンコール・ワット」

壮大な都城やたくさんの寺院によって形成される「アンコール遺跡群」の中核を成す寺院で、ヒンドゥー教のビシュヌ神に捧げられています。当時の王朝はヒンドゥー教を信仰していたそうです。

アンコール・ワットは内戦で全てを失ったカンボジアの人々の誇り。その姿はカンボジア国旗にも、お札にも描かれています。

アンコール・ワットアンコール・ワットの参道

アンコール・ワットは王朝の衰亡後、長い間忘れ去られていましたが、19世紀後半、この地を訪れたフランスの学者アンリ・ムーオによって発見され、世界的に知られるようになりました。

それまでは地元のカンボジア人にも忘れ去られていたそうです。

1972年、カンボジア内戦が始まります。ポルポト率いるクメール・ルージュにより、この国は徹底的に荒廃させられてしまいました。アンコール遺跡群も彼らによって多くの部分が破壊されてしまったそうです。

1990年、内戦はようやく終結しました。人々の暮らしが次第に落ち着いていくのと同時に、彼らの誇りでもあるアンコール・ワットを修復しようという気運が盛り上がります。

そして、1992年にアンコール・ワットは世界遺産に登録され、遺産の喪失の怖れのある「危機遺産」にも認定され、世界中から専門家が集まり、修復作業が開始されたのです。

アンコール・ワットは、東西1500メートル、南北1300メートル、幅200メートルの濠で囲まれています。

訪問者はたいてい、西にある正門から濠を渡ってワットに入ります。ワットは三重の回廊に囲まれていて、五つの祠堂が中心にそびえ立っています。

三つの回廊のうち、外側の第一回廊の壁面は見事なレリーフによって埋め尽くされています。

アンコール・ワットはヒンドゥー教の神、ヴィシュヌを祀った寺院。レリーフも「ラーマーヤナ」や「マハーバーラタ」といったヒンドゥー教の叙事詩を題材としたものが多く見られます。

レリーフの中でも、特に必見なのは、阿修羅が大蛇を引き合って海を掻き回す「乳海攪拌」の絵。写真がないのが残念です。

アンコール・ワットデバター(女神像)

アンコール・ワットデバター像、たくさんいます。

第二回廊や、急勾配を登った上にある第三回廊にはデバター(女神像)が描かれています。

他の国では見かけない、独特な姿の女神像です。どこか優しくユーモラスな彫像ですねー、デバター像。

アンコール・ワット参道のところに居た女の子

遺跡に座ってニコニコの女の子。

でも、遺跡に座ったらダメです。怒られちゃいますよ!

アンコール・ワットアンコール・ワットの塔の上から

デバター像などのレリーフをひと通り見たあと、階段を登って塔の上に上がりました。

暑い夏のカンボジア、強い日差しとうだるような湿気で、汗だくになってしまいます。

だけど、このアンコール・ワットの塔の上は、ひんやり!

風通しもよく、気持ち良く過ごせるので、この場所はお気に入りとなりました。

アンコール・ワットアンコール・ワットの上にいた女の子

アンコール・ワット後ろにいるおじいさんと一緒に毎日いました。

アンコール・ワットの塔の上は、日中は観光客がたくさんいるのですが、日の出を見た直後は誰もいなくてガランとしています。

静かでゆったりとできます!

毎朝、いつもこの場所には祠堂の管理をしているおじいさんと、その孫の女の子がいました。

おじいさんが祠堂を掃除したり、線香を焚いたりするのをぼんやりと眺め、マッタリしている女の子。

私たちも女の子と一緒に、アンコール・ワットの祠堂でマッタリ!

※次の記事→宇宙の中心「バイヨン寺院」にある、微笑みの四面仏【カンボジア】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク