気軽に美味しいミールスが食べられる『アーンドラ・キッチン』@御徒町

御徒町駅南口から南西に徒歩3分のところにある『アーンドラ・キッチン』は、南インド、アーンドラ・プラデシュ州の料理のお店。お店のホームページによると、日本初のアーンドラ・プラデシュ料理のお店だそうです。

アーンドラキッチン

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

日本初!南インド、アーンドラ・プラデシュ料理のお店

こちらがお店の外観。アメ横から少し外れた、目立たない界隈にある店舗。

オレンジの看板がささやかに主張しています。

アーンドラ・プラデシュ州は、場所的に言うとインドの南東部。チェンナイのあるタミル・ナードゥ州の上にあたります。州都はハイデラバード(Hyderabad)。

アーンドラ・プラデシュ州は、イスラム系、ウルドゥー語のハイデラバードを中心とした文化と、ヒンドゥー系、テルグ語のテルグ文化のふたつの文化がミックスされた地域。料理もハイデラバード料理(非菜食のムガル宮廷料理系)と、テルグ料理(菜食、米やココナツを使う南インド料理)の両方が食べられています。

※北インドのタンドゥール料理やビリヤニもあるし、南インドのミールスやドーサもあるということです。

ちなみに州都ハイデラバードは、「ボリウッド映画」のムンバイと並ぶ映画産業が盛んな地域(ハイデラバードの映画は「テリウッド映画」と呼ばれます)。

アーンドラキッチン

看板にマサラドーサの写真が載っています。ドーサはビジュアル的にインパクトあるから、こういう看板の写真としてピッタリですね!

店内に入るとインド人スタッフがお出迎え。席数は25、すべてテーブル席です。

アーンドラキッチン

さてさて!料理を注文しましょう〜。

訪問したのはお昼どきだったので、「ランチミールス」(1290円)。お皿の上にはバナナの葉っぱが敷かれていました!

「ランチミールス」には、カリー2品、チャパティ、サンバル、ラッサム、ポリヤル、ライス、パパド、ラッシーがついてきます。

※写真は、ちょっと前に訪れた時のものなので、カリーが1品、ラッシーはなく、カード(ヨーグルト)とインドのスイーツがついてました。

アーンドラキッチン

味は、もちろん美味しかったです!

ミールス大好きなので。。

すっぱ辛いラッサムスープが最高!ここのはパンチが効いて特に好みの味でした。タマリンドやトマトの酸味とブラックペッパーのインパクトがナイスな感じでした。

ミールスが来たら、まずラッサムをすするのですが、ラッサムの味で「ここのは美味いぞ!」ってわかる感じがします。

サンバルも期待を裏切らない味。おかわり必須です!

バスマティライスにサンバルとカレーとラッサムをかけて・・・

ポリヤルも、そして、アチャールも、ヨーグルトも・・・

まぜてまぜて、お口に・・・

美味しい〜!!

アーンドラキッチン

とにかく、このお値段で本格的なミールスがいただけることが、何といっても◎です!

御徒町の『アーンドラ・キッチン』、線路の向こう側の『ヴェジハーブサーガ』と双璧をなす、大満足できる南インド料理屋さんです。おすすめ!


関連ランキング:インド料理 | 御徒町駅上野広小路駅仲御徒町駅


スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク