厦門(アモイ)の都会と、ピアノの音が聴こえる「コロンス島」を散歩【中国】

※前回の記事→運河が張り巡らされた水の都「蘇州」を見て回る【中国】

福建省の経済特区、アモイ【厦門】

福建省南東部、アモイの町です。

上海から列車で丸一日。私はアモイに到着しました。

アモイは漢字では「厦門」と書きます。北京語での発音は(シャーメン)と言うそうです。

列車でアモイにやってくるとまず、長い橋を渡ります。

アモイの中心であるアモイ島へと大陸から渡るためです。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

近代的なビルの建ち並ぶ「厦門」の街

福建省の経済特区、アモイ【厦門】アモイ島の海岸通り

このアモイ島の面積は130平方km。この島には約100万人が居住しています。

アモイ島の東には小さな「コロンス」という島がありますが、ここは1902年、共同租界地として定められた所で、島には現在でも多くの欧風建築が建ち並んでいます。

写真はアモイ島の海岸通りです。近代的なビルが林立しています。

福建省の経済特区、アモイ【厦門】アモイ島の風景

福建省の経済特区、アモイ【厦門】コロンス島行きのフェリーからアモイ島を眺める

コロンス島のすぐ近くには金門島があります。この島は台湾領。

海峡を隔ててすぐそこが台湾なのです。

アモイの現地人は閩南人といいますが、彼らが話す閩南語は台湾と同じ言葉。

そもそも台湾人は、昔、ここアモイから渡っていった人が多いのだそうです。そのため台湾との結びつきが強く、古くから台湾企業による投資が多く行われてきました。

現在ではアモイ市は経済特区にも指定され、日本を含んだ外国企業が多数進出し、中国でも有数の豊かな町となっています。

アモイは中国でもかなり治安のよい町として知られています。

美味しい食堂や屋台、外資系のファーストフード店も程よくあり、なかなか過ごしやすいところです。

気候も温暖です。

欧風建築が並び、ピアノの音が聴こえる島「コロンス」(鼓浪嶼)

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】コロンス島

アモイ島からフェリーで約5分、旧共同租界地であった島、コロンス島(鼓浪嶼)です。

コロンス島は1903年、アヘン戦争による南京条約によって列強13国の共同租界地となりました。

そのため、島内には当時の欧風建築が数多く残されています。

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】コロンス島の路地裏風景

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】エビやイカが売られています。

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】アモイは海産物が豊か

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】趣のあるコロンス島の路地

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】洋風の建物が並ぶ界隈

コロンス島は音楽の島としても知られています。

特にピアノの普及率は世界でもこの島が一番高く、著名なピアニストも多く輩出しているそうです。

島内にはピアノ博物館もあります。

また、この島では車やオートバイの通行が一切認められていないため(電気自動車のみ)、騒音がなく、とても静かです。

路地を歩いていると、どこからかピアノの音が聴こえてくる。

コロンスとは、そんな島なのです。

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】鄭成功の像

鄭成功の像です。

鄭成功とは、台湾を占拠していたオランダ人を追放したとされる民族の英雄。

台湾でも中国でも大人気の人物です。

日光岩から眺める「コロンス島」と「アモイ島」

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】日光岩から見たコロンス島の街並み

 

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】遠くに見えるアモイ島のビル群

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】コロンス島には洋館がたくさんあります。

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】日光岩へと向かうロープウェイ

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】日光岩の上からの眺め

島で一番高い「日光岩」の頂上からコロンス島と海の向こうのアモイ島を眺めます。

臙脂色の屋根を持った洋館がたくさん並んでいますね。

コロンスの名前の由来は、島の南西にある「鼓浪石(ころうせき)」の存在によります。

かつてこの大きな岩が打ち寄せる波により、太鼓を叩くような音を辺りに響かせたそうです。

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】コロンス島の孔雀

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】気合の入った石造りのモニュメントが

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】海へと続くトンネル

旧共同租界地であった島、コロンス島【厦門】コロンス島の海岸

コロンス島は、面積が2㎢に満たない小さな島のため、充分歩いて回れます。

島はのんびりしています。

人口は2万人ほどですが、年間1000万人ほどの観光客が訪れるそうです。

アモイ近郊の見どころと言えば、フェリーで約1時間で行ける台湾実効支配の島「金門島」

それと、バスで片道4時間ほどのところにある、永定県の「客家土楼群」です。

アモイの夜【厦門】夜のアモイ島

 

アモイの夜【厦門】アモイ島からコロンス島を望む

アモイの夜【厦門】アモイのマクドナルド

夜のアモイの街並み。

海岸沿いの建物はライトアップされ、海の向こうに見えるコロンス島も光り輝いています。

そんな光景を地元の若者たちが眺めていたりします。

右下の写真は、アモイのマクドナルドです。「麦当労」って書いてあります。

マクドナルドは市内には結構ありました。

ビッグマックセットが16.8元(252円)でした。

アモイの夜【厦門】宿泊した宿「家家来酒店」

これは私が泊まった宿、家家来酒店?

シングルで70元(1050円)、テレビ、ホットシャワー付きでした。

ただ、ホットシャワーがなかなか熱くならないのが困りものでしたが。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク