【レシピ】インドの定番メニュー「アルゴビ」(じゃがいもとカリフラワーのカレー)

アルゴビの「アル」はじゃがいも、「ゴビ」はカリフラワーのことで、インドでは、どのレストランにもあるような定番のカレーです。カレーといっても汁気のない炒め物のようなものです。

スパイスが効いていて、爽やかなお味。とっても美味しくできましたよ♪

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

インド料理の定番、じゃがいもとカリフラワーのカレー「アルゴビ」

アルゴビレシピ

材料(4人分)

じゃがいも(一口大に切る)・・・大2個

カリフラワー(一口大に切る)・・1株分

A・にんにく(すりおろし)・・・小さじ2

・しょうが(すりおろし)・・・・小さじ2

水・・・・・・・・・・・・・・・大さじ4~5

パクチー・・・・・・・・・・・・1株分

レモン汁・・・・・・・・・・・・1/2個分

サラダ油・・・・・・・・・・・・大さじ2

塩・・・・・・・・・・・・・・・適量

●ホールスパイス

クミンシード・・・・・・・・・・小さじ1

●パウダースパイス

コリアンダー・・・・・・・・・・小さじ2

ターメリック・・・・・・・・・・小さじ1/2

カイエンペッパー・・・・・・・・小さじ1/2

アルゴビレシピ

じゃがいも、カリフラワーを茹でる

・じゃがいも、カリフラワーは固めに下茹でし、水気を切る。

アルゴビレシピ

アルゴビレシピ

アルゴビレシピ

スパイスを炒める

・フライパンにサラダ油を軽く温め、ホールスパイス(クミンシード)を入れ、中火で泡立つまで炒める。

アルゴビレシピ

アルゴビレシピ

・A(にんにく、しょうが)を加えて手早く炒め、蓋をしてさっと火を通す。

アルゴビレシピ

・蓋を開けて弱火にし、パウダースパイスを塩小さじ1弱を加え、焦げないように20~30秒炒める。

アルゴビレシピ

アルゴビレシピ

水を加えて、炒め煮にする

・水を加えて中火にし、炒め煮にして全体をとろっとペースト状にする。

アルゴビレシピ

アルゴビレシピ

野菜を加えて炒め合わせる

・ペースト状にしたものに、茹でたじゃがいもとカリフラワーを加えて炒め合わせ、水分がとんで均一に混ざったら、パクチーを加え、レモン汁を入れて炒め合わせる。

アルゴビレシピ

アルゴビレシピ

アルゴビレシピ

・塩で味を整える。

出来上がり!!

アルゴビレシピ


バスマティライスを炊いて、『LOVE INDIA 2015』に行ったときに買った、2種類のカレーも用意しました!

アルゴビレシピ

アルゴビレシピ

アルゴビレシピ

アルゴビレシピ

左が、『たんどーる』というお店の「鶏肉の梅カレー」で、右が、『シバカリーワラ』というお店の「ポークチリキーマ」です。


アルゴビレシピ

カレー2種類にアルゴビ。豪華になりました~!

アルゴビのお味は、、とっても美味しかったです♪ じゃがいもとカリフラワーの固さが絶妙で、スパイスも効いていて、最後に加えたレモン汁が全体を爽やかにしてくれています。これは、大成功!!

カリフラワーってあまり食べる機会ありませんが、歯ごたえがあって美味しいな~と改めて実感。

レトルトカレーは、まず「鶏肉の梅カレー」は、梅の酸味がなんとも言えず美味しく、さっぱりと食べられます。

「ポークチリキーマ」は、ピリ辛でこれまた美味! どちらも、とても美味しく満足でした。

アルゴビレシピ

そしてこのビール、コンビニで見つけたのですが、『インドの青鬼』!

18世紀末にロンドンの醸造家ジョージ・ホジソン氏によって考案されたもので、植民地のインドで暮らす英国人のためにつくられたビールだとのこと。一般的なビールに比べるとホップが2倍以上だそうです。どうりで苦みが強くて、独特の味がすると思いました。

今回は、全体的に量もちょうどよく、味も大成功で、満足度がかなり高い仕上がりでした♪

また、レトルトのものも組み合わせたりして、色々作ってみたいと思います!


レシピは、「ナイルレストラン」ナイル善己のやさしいインド料理 を参考にさせていただきました。


スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク