アレッポのスーク(シリア・アレッポ)【市場・バザール】

その土地のことを知りたいなら、まず市場に行くのがベスト!

市場には、その土地で売られているもの、食べられているもの、その土地の物価、市井の人々の日常風景を知ることができます。

今回の市場は、シリア、アレッポのスークです。

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

石造りのドームが連なる、迷路のようなアレッポのスーク

シリア アレッポアレッポのスーク

アレッポのスークです。

ごちゃごちゃと細かい店が並ぶ石畳の路地、その狭苦しい中を人々が歩き、荷車やバイク、ロバ車や軽トラックまでもが行き交っています。

天井には石造りのドームが連なっています。ドームには明り取りの窓が開いており、そこから漏れる陽の光が薄暗い路地をサーチライトのように照射しています。

シリア アレッポ石畳のスークの路地

シリア アレッポ観光客の姿はほとんどない

シリア アレッポスークにあった肉屋

路地の店の種類は多岐に渡っています。

貴金属や水煙草、絨毯や布地、野菜、果物、乾物や香辛料、アレッポ石鹸が山積みにされた店・・・。

写真は肉屋です。肉屋には皮を剥いだ羊が何頭もぶら下げられていて、生臭い匂いを発していました。イスラム教徒がもっとも頻繁に食べる肉がマトン(羊肉)です。

シリア アレッポピデのお店

これは、「ピデ」というシリアやトルコなどでよく食べられているピザです。

シンプルで美味しいです!

このスークでは、イスタンブールのように旅行者の数が多くないため、日本語で呼びかけられることはありませんでした。

路地を歩いているのは、アラブ風のすその長いローブを着た男性やヴェールを頭に被った女性など地元の人ばかりです。

迷路のようなスークはとても広く、その幅は500メートル、長さは1キロもあります。

私は香辛料の辛い匂いを嗅ぎながら、スークをさまよい歩きました。

歩いていると、そのうちドームの連なりの先に白い光が差し込んでくるのが見えました。

出口です!

暗闇の迷路を抜け外に出ると、強烈な日差しと共に勇壮なアレッポ城の姿が目の前に現れました。

シリア アレッポぐにゃぐにゃと捏ねられたホブスは、形を整えられベルトコンベアで運ばれていきます。

シリア アレッポ平べったくされたホブスが焼き器の中に吸い込まれていきます。

シリア アレッポふっくらと焼きあがったホブス。うまそうです!

シリア アレッポほかほかのを袋詰め

朝のアレッポの路地をぶらぶらと歩いていくと、どこからか柔らかな匂いが漂ってきます。

機械のモーター音の聞こえる建物の中を覗いてみると、そこはパン工場でした。

シリアのパンはホブスといいます。 直径30センチはある円形の平べったいパンです。

ホブスの作られる様子を興味深く眺めていると、中で働いているおじさんが、「入って来い!」と手招きしてくれました。

おじさんは、ほかほかの出来たてのホブスを2枚もくれました。

「シュクラン!(ありがとう)!」

その場でホブスをむしゃむしゃと食べます。

アツアツのそれは信じられないくらい美味しいものでした!

シリア アレッポアレッポ石鹸のお店

名物、アレッポ石鹸です。

アレッポの街中に石鹸屋があり、こんな風に山積みされています。

私もひとつ購入し、旅行中使ってました!

ローレルオイル40%以上含有『アレッポの石鹸 EXTRA40』
アレッポ石鹸は、シリアのアレッポで作られている石鹸です。現在シリアの情勢は悪く、近年多くの悲しいニュースが報道されていますが、情勢が安定していたときは観光地として栄えていました。アレッポ石鹸はシリアの主な産業のひとつです。そのアレッポの石鹸ですが、乾燥肌対策に効果大!との評判を聞き、使ってみたのでご紹介します。

シリア アレッポフレッシュジュースのお店

アレッポではフレッシュジュースが美味しいです。

店先にオレンジやグレープフルーツ、バナナや柘榴などが大量にぶら下げられたジュース屋が街の至る所にあります。

フレッシュジュース屋のおじさんにバナナとオレンジのミックスジュースを頼みます。

40SP(シリアポンド)97円。

店のおじさんは小さなナイフで素早くバナナとオレンジの皮を剥き、ミキサーの中に放り込みます。

そして、ちょっと入れすぎなんじゃないの?と思うくらい大量の砂糖を入れます。

最後に紅いシロップのような液体を少し振り掛けると、おじさんはミキサーのスイッチを押しました。

出来上がったのは濃い橙色のジュース。

濃厚でとてもおいしいです!

少し甘すぎる気もしますが、暑いシリアではこのくらいがちょうどいいのです。

世界の市場・バザール

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク