カートを噛みながらのバス旅。アデンからムカッラ、サユーンへ【イエメン】

※前回の記事→アデンの町で見た、アラビア海に沈む夕陽とベリーダンス【イエメン】

アラビア半島南端にある「イエメン」

中世のアラブの風情を色濃く残すこの国。白い漆喰でデコレーションされた高層の建物が建ち並び、アラブ風の長衣を纏った男性の腰には、日本のサムライのように刀が差してあります。

そんなイエメンの町や風景をご紹介します。

今回は、アデンからサユーンへのバスの旅です!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

イエメン人と一緒にカートを噛みながら揺られるバスの旅


イエメンの人たちと共にバスに揺られて東を目指します。

アデンに一泊したあと、私は翌朝6時発のバスに乗り、東にある「ムカッラ」の町へと向かいました。

ムカッラまで約620キロ、およそ12時間の行程です。

このバス旅、イエメンの人たちと語らいながらの(言葉はまるで通じてないけど)楽しい道中でした!

アデンからムカッラまでの車窓は、スケールの大きな光景が続きます。ゴツゴツとした岩石地帯や巨大なテーブルマウンテン、不毛の大地に忽然と姿を現すイエメン建築群の姿などなど。

他の国ではなかなか見ることができない雄大な景色です。けれども、12時間も延々と続くと飽きてくるのも事実。

そんなとき、ふいに、バスの通路の向こう側にいたイエメン人のおじさんが話し掛けてきました。車内に外国人は私ひとり、先ほどからかなり気になっていたようです。

イエメン アデン〜ムカッラカートをくれたおじさん

おじさんは、何はともあれって感じで、「カート」を私にくれました。

「カート」とは何かというと、葉っぱです!アカネ科の植物の葉っぱ(生)で、イエメン人はこの「カート」を噛むのが大好きです。

カートを口に含んで噛み続けると苦い汁が出てきます。その汁が軽い覚醒作用をもたらします。

噛んだカートは吐き出さないで、そのまま頬っぺたのところに溜めておきます。そして、さらに新しいカートを口に含んでいきます。そのため、いつしか口の中はカートで一杯となり、イエメン男性はいつも頬っぺたがコブとり爺さんのように膨らんでいるといった状態になるのです。

イエメン人にとってカートはお酒や煙草のような存在です。

イエメン建築には最上階に「マフラージ」と呼ばれるパーティールームが必ずあるのですが、これはみんなで一緒にカートを噛むための場所です。

昼過ぎになると、イエメン人の男性たちは仲間内みんなで集まって「カート・パーティー」をするそうです。

カートを噛み、水煙草を吸い、チャイを飲みながらみんなでお喋りです。

イエメン男性が集まったらカートはつきもの。カートは社交の場に欠かせないものなのです。

 th_Catha_edulisカート

おじさんにカートを渡された私は、それを口に含んで噛み始めました。

味は苦くてあまり美味しくはありません。それでも噛み続けます。

すると、おじさんがニッコリ、大喜び!

さらにたくさんのカートを私にくれました〜!

おじさんは引っ切り無しにカートをくれるので、私の頬っぺたはいつしかパンパンに膨れていきます。

けれども、おじさんたちとカートを噛み続け、日本がイエメンがどうのこうのと話していると、そのうちカートが美味しい物であるかのように思えてくるから不思議です。

ムカッラまでの12時間、おじさんたちとカートを噛み続けて、なんだかイエメン人との距離が近づいたような気がしました。

イエメン アデン〜ムカッラバスの窓から見えた村

イエメン アデン〜ムカッラ村へと帰る人たち

バスの窓には、ところどころに村が現れます。写真は途中バスが停車した村です。

日干し煉瓦で造られたイエメン建築ですが、同じイエメン建築でもサナアのものとはずいぶんと違っていて、外観がすっきりとしています。窓も小さいです。砂漠の真っ只中だと窓を小さくした方が涼しいのかもしれません。

イエメン アデン〜ムカッラ「ムカッラ」へと向かったバス

写真はムカッラへと向かったバスです。ボロバスだけど、スピードはかなり出してました。

ムカッラで一泊した後、翌日すぐに目的地である「サユーン」へと向かいました。

サユーンまでは乗合タクシーで行きました。半日くらいの行程です。

タクシーには英語の話せる教養のありそうなイスラム教徒が乗っていました。

彼は、「イスラムはいいぞ~。お前も改宗したらいい」と熱心に誘ってきました。

「サユーン」はイエメン東部にある巨大な枯れ谷「ワディー・ハドラマウト」の中にある町です。

かなりの最果てに来たような感じがしました。

※次の記事→はるばるたどり着いたアラビアの辺境の町「サユーン」【イエメン】

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)
スポンサーリンク