世界遺産創設のきっかけとなった「アブシンベル神殿」を見る【エジプト】

※前回の記事→炎天下のルクソール、王家の谷やハトシェプスト女王葬祭殿をめぐる【エジプト】

エジプト(Egypt:مصر)

肥沃なナイル川の恵みに育まれ、紀元前3000年の古代エジプト文明の成立から5000年以上もの歴史を持つエジプト。

ピラミッドやスフィンクス、ルクソールの王家の谷などの古代エジプトの遺跡、中世から近世までのイスラムの中心地としてのカイロの街並み、広大な砂漠とオアシス、紅海の美しい海・・・。

見どころたくさんのエジプトです!

今回は、アブシンベル!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)

早朝4時、ツアーのワンボックスカーは砂漠を疾走し、アブシンベル神殿へと向かいました。


エジプト アブ・シンベル砂漠の中で見た日の出

朝、3時半起床。

アスワンの町4時発のアブシンベルツアーに参加しました。

なぜ、こんなに朝早く出発するのか・・・。

それは、暑いからです。

夏の日中の南部エジプトは、本当に耐え難いほどの暑さだからです。

運転手と11人の観光客を乗せたワンボックスカーは、未明のアスワンの街を出発しました。

街中を抜け、アスワン・ハイダムを渡ります。

「アスワン・ハイダム」は、1970年にナイル川上流のアスワンに完成した超巨大ロックフィルダム(岩石や土砂を積み上げて造られたダムで、傾斜が非常に緩やか)。

高さ111メートル、全長3600メートルのスケールの大きなダムで、このダムの完成によりエジプトはナイル川の氾濫を食い止めることに成功しました。

けれども、ダムの完成は、かつて「エジプトはナイルのたまもの」と呼ばれる由来ともなった、肥沃な土壌を失わせるといった弊害ももたらしたそうです。

また、ダムの完成は、巨大な「ナセル湖」も生み出しています。

ナセル湖の誕生により、周辺の気候はよきにつけ、悪しきにつけ、大きく変動したといわれています。

アスワン・ハイダムを抜けると、ワンボックスカーは砂漠の一本道をひた走ります。前後左右見渡す限りの砂漠です!

そのうち、夜が明けてきました。

エジプト アブ・シンベルアブシンベル大神殿

アブシンベル神殿に到着したのは午前8時過ぎ。

砂漠を4時間、フルスピードで飛ばしての4時間でした。

アブシンベル神殿は「ラムセス2世」が建造した神殿です。大神殿と小神殿があり、大神殿は太陽神「ラー」、小神殿は「ハトホル女神」を祭神としています。

写真は「大神殿」。高さ33メートル、幅33メートルあり、正面に高さ20メートルのラムセス2世像が4体座っています。

エジプト アブ・シンベルラムセス2世の像

ラムセス2世の像です。

ラムセス2世はエジプト新王国時代第19王朝の王。在位は紀元前1290年から紀元前1224年とされ、その治世においてエジプトは繁栄を謳歌しました。

彼は、古代エジプトの王の中でも最も多くの建造物を残した人物として知られ、このアブシンベル神殿のほか、ルクソールのカルナック神殿やラムセス2世葬祭殿なども建造しています。

ラムセス2世は約90歳まで生きたといわれています。そして、180センチ以上の長身でもあったそうです。

エジプト アブ・シンベルアブシンベル大神殿内部

大神殿の内部です。

この大神殿では、毎年10月22日と2月22日の2日間だけ、東から昇った朝日が神殿の奥にある至聖所に届き、4体ある像をオレンジ色に照らし出します。

その2日間は世界中から大勢の観光客が集まってくるそうです。

エジプト アブ・シンベルアブシンベル小神殿

「小神殿」です。

実はこのアブシンベル神殿は、もともとこの場所にあったわけではありません。

もともとあった場所は今はナセル湖の水の中、アスワン・ハイダムの建造によって水没した地です。

1960年代当時、ハイダムの建設により水没の危機にあった神殿ですが、その時「遺跡を守れ!」と立ち上がったのが「ユネスコ」でした。

ユネスコは遺跡を無数の小さなブロックに分断し、1964年から1968年の4年間をかけて、64メートル上方の丘の上にこの遺跡を移築しました (現代の技術で移築されたため、大神殿の裏側は巨大なコンクリートのドームで補強されていて、そのドームも見学することができるようになっています)。

この移築劇が「世界遺産」創設のきっかけになったといわれています。

エジプト アスワンアスワンの街並み

遺跡見学は2時間でした。

遺跡を見終わり、私たちは午前10時にアスワンへと出発しましたが、もう既に耐え難いほどの暑さです。気温も40度はゆうに超えています。

砂漠の真ん中を突っ走るワンボックスカーには、真上から直射日光が当たり、本当に地獄のように熱かったです。

エジプト アスワンアスワンの街

アスワンはヌビア地方に属します。

「ヌビア」とはアスワンからスーダン北部にかけての地方のことを言い、ここに住むヌビア人はエジプト人とは違った文化・風貌を持っています。

アスワンには、ヌビア人の文化を紹介する「アスワン文化センター」やコプト教の修道院「聖シメオン修道院」、アブ・シンベル神殿と同様に水没したフィラエ島からアギルキア島へと移築された「フィラエ神殿」、ナイル川の水位を測定するためにローマ時代に造られた「ナイロメーター」のある「エレファンティネ島」など、たくさんの観光名所があります。私はひとつも行きませんでした。

なぜ、行かなかったのか・・・。

その理由は、暑かったからです。

本当に耐え難いほどの暑さで、いるだけで頭がくらくらしてくるからです。