2017年03月一覧

現代アートで巡る南インドから宇宙まで『N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅』を観ました♪

南インド出身の現代美術家「N・S・ハルシャ」の展覧会『N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅』が、2月4日から(6月11日まで)東京六本木の森美術館で開催されています。N・S・ハルシャの日本初の大規模展覧会として注目されているこの企画展に行ってきましたのでご紹介致します。

朝の浜辺を歩いて灯台へ!コヴァーラムビーチのパノラマを眺める【南インド・ケララ州】

南インド・ケララ州(Kerala:കേരള)の旅。この日は、ケララ州随一のビーチリゾート「コヴァーラム・ビーチ」でリゾートライフを満喫します★朝の浜辺を歩き、漁の様子を眺めた後、ビーチの南のヴィリンジャム灯台へ。コヴァーラムのパノラマを堪能。そして、アラビア海の海水浴を満喫♪

コヴァーラム・ビーチでアラビア海に沈む夕陽を見る!【南インド・ケララ州】

南インド・ケララ州(Kerala:കേരള)の旅。バスを乗り継ぎ、ケララ州随一のビーチ「コヴァーラム」(Kovalam:കോവളം)に到着しました。ホテルでチェックインを済ませた後、さっそくビーチへ。太陽が水平線の間近まで沈み、海をオレンジ色に染め始めてきました。アラビア海に沈む夕陽です。

アラビア海を望める素敵なお部屋「Turtle On The Beach(タートル オン ザ ビーチ)」in コヴァーラム【南インド】

南インド・ケララ州のリゾート地「コヴァーラム」は、ケララ州の州都ティルヴァナンタプラム(トリヴァンドラム)から南へ16kmのところに位置しています。お部屋は広々と開放感があり、お部屋からはアラビア海とアラビア海に沈む夕陽を見ることができる、リゾート感満点のホテルです♪

五つ星シェフによる本格スリランカ料理と最高級のセイロンティー『キャンディ』@日本橋

日本橋駅から徒歩1分。東京日本橋タワーの地下1階にある駅直結の便利な立地に、スリランカ料理店『キャンディ』はあります。2015年6月にオープンしたこのお店、本場キャンディの味を継承する、五つ星レストラン出身のシェフが腕をふるうお店として、都内のスリランカ料理店の中でも評価の高いレストランのひとつです。

本場ケララの奥様たちが作る本物の家庭料理『サウスパーク』@浅草

浅草の浅草寺の裏手にある南インド料理店『サウスパーク』。2016年の9月にオープンしたこのお店は、南インド料理の中でも、ケララ州の家庭料理を提供しているお店で、オーナーはケララ出身の4人の主婦であるのだとのこと!本場ケララの奥様たちが作る本物の家庭料理をいただけるお店です。

バスに乗ってアレッピーからトリヴァンドラム、コヴァーラムへ!【南インド・ケララ州】

南インド・ケララ州の旅。「アレッピー(アラップーラ)」からハウスボートに乗船し、バックウォーターの風景を堪能した後、バスに乗ってケララ州の州都「トリヴァンドラム(ティルヴァナンタプラム)」へと向かいます。まずは、アレッピーのバスターミナル「KSRTCバススタンド」でトリヴァンドラム行きのバス探し!

カヌーに乗ってバックウォーターに沈むオレンジ色の夕陽を眺める!【南インド・ケララ州】

南インド・ケララ州(Kerala:കേരള)の旅。水路や入り江が網の目のように入り組み、広大なデルタ地帯を形成している「バックウォーター」。南国感満点の風景を堪能した後、今夜の宿泊ポイントである村の岸辺に到着しました!時刻はすでに夕暮れ時。太陽が地平線に徐々に近づいてきています。

まさに楽園そのもの!ハウスボートでバックウォーターをクルーズ★【南インド・ケララ州】

「ハウスボート」とは、かつて米やスパイスの運搬に使われていたケララの伝統的な木造船「ケットゥーヴァラム(Kettuvalam)」を利用したクルー付きの貸切ボートのこと。「ハウスボート」は、ケララ州を案内するパンフレットやVTRには必ずと言っていいほど紹介されているケララ観光の目玉のひとつなのです!

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)