2015年11月一覧

♪現代のグリオ、ユッスー・ンドゥールの傑作「ナッシングス・イン・ヴェイン」

「ユッスー・ンドゥール」(Youssou N'Dour)は、西アフリカ、セネガルの国民的歌手であり、現代アフリカのポップミュージックを代表するミュージシャンです。2002年にリリースされたアルバム「ナッシングス・イン・ヴェイン」は、アフリカン楽器を前面に出した原点回帰とも言える作品となっています。

ドライフルーツやナッツがいっぱい♪「ファーイーストバザール」

新宿ルミネ1の6階に、なんともエキゾチックでオシャレな雰囲気のお店がオープンていました。オーガニックのドライフルーツやナッツを扱っている『FAR EAST BAZAAR ファーイーストバザール』です。こちらのお店、ドライフルーツやナッツの試食はもちろん、ジェラートの試食もすることできます。

西インド、ラジャスターンやグジャラートのミラー刺繍とパッチワーク布

インド北西部、ラジャスターン州やグジャラート州では、古くからミラー刺繍やパッチワークを使った布がつくられてきました。ラジャスターンやグジャラートは砂漠の多い乾燥した土地。そのため、布の傷みが激しくすぐボロボロになってしまうため、古い布を再利用するパッチワークや刺繍の技術が発達したのだとのこと。

日本唯一!ミャンマー北部カチン料理のお店『オリエンタルキッチン マリカ』@高田馬場

日本のミャンマータウンと呼ばれる高田馬場。早稲田通り沿いの右手に『オリエンタルキッチン マリカ』はあります。このお店、日本でも珍しい「カチン料理」のお店。「カチン料理」とは、いったいどんなものなのか。期待に胸を膨らませながら、行ってまいりました〜!

トビリシメトロに乗ってルスタヴェリへ。夕暮れの大通りをそぞろ歩き【ジョージア(グルジア)】

ジョージア(グルジア)の首都「トビリシ」。古い建物が残るアブラヴァリ界隈からメトロに乗り、トビリシいちの繁華街「ルスタヴェリ大通り」へ。「バラ革命広場」から「自由広場」までの約1.5kmの大通りをそぞろ歩き。夕暮れのトビリシの街、雰囲気満点です!

メスティアからトビリシへ。猛スピードで車を飛ばして8時間【ジョージア(グルジア)】

宿の朝食を食べ、午前8時にさっそく出発!この日は、メスティアから首都「トビリシ」へと来た道を戻る予定。ドライバーのサンドロ君が活躍する一日です。行きは10時間かかりましたが、帰りは果たして何時間で到着するのでしょうか。

ビリヤニが美味しい!現地の雰囲気満点の大衆食堂『ナスコ・フードコート』@新大久保

JR新大久保駅から徒歩2分、ハラルフードの食材店が軒を連ねる「百人町」の南側。通りには、インドやパキスタン、アラブ、トルコ、東南アジアや中国、韓国、アフリカ系まで、様々な国の人々の姿が見えます。そんな多国籍なエリアの一角にある、ちょっぴり怪しげなお店、それが『ナスコ・フードコート』です。

ナイル善己さんに学ぶ 南インド定番の「ベジタリアン料理」教室に参加しました!

銀座の老舗インド料理店『ナイルレストラン』3代目シェフの「ナイル善己」さんから直接教えていただける南インド料理教室が、池袋コミュニティカレッジで行われたので参加してきました!アットホームな雰囲気の中、4人1グループで6品ものとっても美味しいベジタリアン料理を作ることができました♪

お手頃価格で本格ミールスを食べられる南インド料理店『エー・ラージ』@東池袋

地下鉄メトロ有楽町線「東池袋駅」から徒歩1分、高速の高架下の並びに『エー・ラージ』(A・RAJ)はあります。このお店、都内の南インド料理店の中でもかなりの老舗のひとつ。オーナーシェフは、あの老舗中の老舗、麹町の「アジャンタ」出身とのこと。池袋でインド料理と言えば、ここが一番のおすすめです❗️

スポンサーリンク
PC レクタングル (大)
PC レクタングル (大)